IT,米国,アメリカ,GAFA
Photo:Pool/gettyimages

――筆者のクリストファー・ミムズはWSJハイテク担当コラムニスト

***

 米議会は先週、20世紀初頭のように攻撃的な反トラスト法(独占禁止法)を復活させ、執行措置を講じることで、ビッグテック(巨大IT企業)を分割すべきだと提言した。それによるとアマゾン・ドット・コム、フェイスブック、グーグル、アップルの4社は競争を排除し、技術革新を封じ込めることで、そろって独占的な力を持つに至ったとの主張を展開した。