米国,アメリカ,トランプ,バイデン,中国,習近平,ロシア,プーチン
Photo:Mikhail Svetlov/gettyimages

――筆者のウォルター・ラッセル・ミードは「グローバルビュー」欄担当コラムニスト

***

 新型コロナウイルスの感染拡大と政治の分極化が進む中、米国は周期的に訪れる自責の念と存在価値を問う状況に陥っている。これは悪いことではない。常に自己を問い直し、現状維持の状態に安住するのを拒否することは、米国を機能させるダイナミックな文化の一部だからだ。しかし、ジョー・バイデン政権が誕生しようが、ドナルド・トランプ政権が2期目に入ろうが、米国の政策担当者は、不安と絶望の先を見据えなければならない。