そしていよいよ、景気拡大が続いて労働力不足になると、賃金水準が上昇するので、非効率な企業は高い賃金が払えなくなり、非効率な企業から効率的な企業への労働力移動が始まるのである。

 筆者も、中小企業の効率が高まることを強く望んでいるが、そのために採るべき政策については、伝えられている菅総理の考えとは異なっている。

 病人の病を治癒するために筋トレをさせて体を鍛えさせるのか、ゆっくり休養させて体力を回復させるのか、という本質的な考え方の違いである。

 もっとも、回復後の筋トレの必要性については全く同意見である。非効率な中小企業についても、不況期には様々な支援策が必要であろうが、景気が回復して労働力不足になった時点で非効率な企業への支援を止め、彼らが淘汰させることを邪魔しないようにする必要はあるだろう。そこは、異論を挟むつもりはない。

 余談であるが、中小企業に関して筆者が望むのは、技術力があって決算も黒字なのに後継者難で廃業する企業が多いことである。そうした企業の「身売り」を手助けする方が、不況期にゾンビ企業を淘汰するよりも遥かに日本経済のためであると思うので、是非ともそちらに注力していただきたい。

 本稿は、以上である。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織等々とは関係が無い。