50代のいま、やっておくべきお金のこと[新版
Photo:PIXTA

ダイヤモンド・プレミアム(有料会員)ならダイヤモンド社のベストセラーが電子ブックでお読みになれます!月ごとに厳選して提供されるダイヤモンド社の話題の書籍から、ここでは一部を抜粋して無料記事としてお届けします。全体をお読みになりたい方はぜひダイヤモンド・プレミアム(有料会員)にご登録ください!今回は2020年11月提供開始の『50代のいま、やっておくべきお金のこと[新版]』。「楽しい老後」を迎えるために、必読の一冊です!

はじめに
どんな人でも、お金のことは必ず解決できる!

 父の口ぐせは、「人生50年」だった。

「人生50年、人生50年、人生50年」、と酔ったときなど、嬉しそうに繰り返していた。

 本能寺で割腹した織田信長が彼のヒーローだった。そのころ私は小学生だったから、父は30代後半だっただろう。30代の人間が「50歳まで生きれば人生は十分」と考えていても無理はない。その父は、いま85歳ですこぶる健康だ。1945年に爆心地から1.5kmの長崎市の自宅で原爆を受けたにもかかわらず! このまま軽く90、100を超えるのは間違いない。

 いま「人生100年」になったすごい!

 戦争の後に寿命はどんどん伸びて、まだまだ伸び続けている。これは、めでたい。

 海外を見ると、シエラレオネ共和国など、長らく政治が不安定で衛生や栄養状態、医療設備が整わない地域の寿命は、50歳そこそこ(世界保健統計2016「平均寿命ランキング」)だ。

 まずは、すばらしい国に生まれて、おいしい食べ物と、最先端の医療を受けられる我が身の幸運に感謝しよう。本当にありがたい。