妻は、さすがに自分のお金の使い方を見直すべきではないかと気付き、どうにか支出を減らせないかと私のところに相談に来て、家計やお金の使い方について話をしています。ですが、貯金が減ってしまったことに後ろめたさがあり、夫に伝えなくてはいけないと思いつつも、「叱られる、怒られる」と不安が先立ち、今も自分から話すことができていない状況です。

 夫自身が家計の問題点に気付き、貯金の計画について2人で改めて話をすることができれば、支出の改善もしやすいと思うのですが非常に残念です。

 このように夫婦間でお金の使い方や管理の仕方に無関心であることは、思わぬ家計トラブルに発展します。「隠れ夫婦別財布」は、改善するに至るまでが大変です。家計を一つに合わせるのなら、時には状況を報告し合い、共有することが一番です。妻に管理を任せてあとは知らんぷりでは、形式上は家計を一つにしているように見えても、実は夫婦別財布なのです。

「形」で納得するのではなく、本当の意味で2人が1つの家計という財布を「共有」できていなければなりません。今一度、自分たち夫婦の家計管理のあり方を見直してみましょう。

(家計再生コンサルタント 横山光昭)