豊富な種類がある点心
豊富な種類がある点心

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、今回ご紹介する記事は「香港の食文化~点心やミルクティー」についてです。香港料理は、おいしく手頃なことから世界中で愛されています。そのなかには、『オックスフォード英語辞典』に掲載されるほど有名なものもあります。この世界に名だたる有名な辞典に掲載されている香港料理をいくつか引用しながら、香港のおすすめ店とともに紹介します。

【はじめに】
 2020年8月27日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方ニュース&レポート』では、昨今の世界情勢をふまえ観光地情報の発信を抑制してきました。しかし、2020年5月31日で「期間限定の電子書籍読み放題サービス」が終了したこともあり「近い将来に旅したい場所」として、世界の現地観光記事の発信を2020年6月以降、再開することにいたしました。
 世界各地のまだ行ったことのない、あるいは再び訪れたい旅先の詳しい情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス禍収束後は、ぜひ旅にお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを、心より願っています。

飲茶(飲茶/Yum cha)

見た目も美しい飲茶
見た目も美しい飲茶

●n. A meal eaten in the morning or early afternoon, typically consisting of dim sum and hot tea.
(翻訳:午前中またはお昼時に食べる食事で、一般的には点心と温かいお茶で構成される)

 ほとんどの香港人にとって、「飲茶」は典型的な家族行事です。「飲茶」では、午前中または午後の早い時間を家族のために使い、熱いお茶とひと口サイズの点心を食べながらにぎやかに会話を楽しみます。家族が互いのお皿に好きなものを入れ、若者が絶えず年長者の湯飲みにお茶を注ぐのが習わし。また、「飲茶」は、退職者や高齢者に人気のある午前の娯楽でもあります。