地球の歩き方ニュース&レポート 台湾・鼎泰豐一度は行きたい行列必至の人気店

世界中に店舗を拡大し、日本国内でも20店舗を展開する言わずと知れた小籠包の名店、鼎泰豐。その第1号店となる台北の信義店では、多い日で1日1万個を売り上げるとのこと。数ある小籠包店のなかで、なぜ鼎泰豐が選ばれるのか? その理由を深掘りしました。おいしいだけじゃない、とことん追求した食へのこだわりと接客に脱帽です!(文/トラベル・キッチン 大西 稚恵、写真/iStock、内藤健志)

鼎泰豐とは

地球の歩き方ニュース&レポート 台湾・鼎泰豐第1号店の信義店。いつ訪れても並びます

 1958年、中国山西省出身の楊秉彝(ヤンビンイー)氏よって食用油の問屋として創業しました。その後、食用油の売上低迷により、1972年に点心の販売をスタート。瞬く間に地元で評判となり、点心専門店として本格的に力を入れていきます。

 その後、1993年にニューヨーク・タイムズ紙で「世界のおいしいレストランBEST10」に選ばれたことにより一気に知名度を上げ、2010年に香港の鼎泰豐がミシュラン一つ星を獲得。2013年にはアジアベストレストラン101で1位に輝きました。鼎泰豐の第1号店は、観光客に人気の永康街(ヨンカンジエ)にあり、地元住民や観光客をはじめ、政財界の著名人や国際派映画スターなどに愛される店に。2019年9月現在、台湾に10店舗、海外に151店舗を展開しています。