時価総額トヨタ超えのセールスフォース、何屋か分からないのが強みの理由
セールスフォース独自の強みとは? Smith Collection/Gado /GettyImages

トヨタを超える時価総額
「セールスフォース」は何がすごいのか

 皆さんはセールスフォースをご存じだろうか?社名を聞いたことはあるし、良さそうなサービスを提供している会社ということは知っているかもしれない。でも実際には何をやっているのかまではよく分かっていない…という人も少なからずいるだろう。

 実は「何をやっているのかまで分かっていない」という感覚は決して間違っていない。消費者向けのサービスではないこともあるが、そもそも本当によく分かりにくい会社だからだ。今回はセールスフォースがなぜ分かりにくいのか、ということについて、その背景をビジネスモデルという観点から解きほぐしていきたいと思う。

 セールスフォースをご存じの方は、「顧客管理システム(CRM)」というキーワードで認知している人が多いのではないだろうか。CRMとはバラバラに散在している顧客ごとのデータ(行動履歴やコンタクト履歴など)を一元管理するシステムであり、CRMの世界でセールスフォースはトップシェアを占めるプレーヤーとしてその存在を知られている。

 では彼らのCRMの何が革新的だったのか、それを理解するために少々彼らの歴史をひもといてみよう。