Photo:PIXTA

 新型コロナウイルスの感染拡大は、健康や医療への影響もさることながら、経済にも大きなダメージを与えている。企業の業績不振は、そこで働く労働者にも無関係のはずはなく、残業カットやボーナスカットといった形で家計を直撃している。

 一方で、在宅ワークが増えて、通勤時間が減っていることから、空いた時間を使って副業を考える人が増えているようだ。国の後押しもあり、企業もこれまで禁止していた副業を認める傾向にあるようだ。働くことで収入が増えれば、生活の安定につながるが、気になるのは健康保険をはじめとする社会保険の扱いだ。

 会社員は、労働時間や収入などが一定ラインを超えると、社会保険に加入することが義務付けられているが、副業をすると保険料や給付に影響が出るのだろうか。今回は、おもに副業をした時の健康保険の保険料や給付について見ていきたい。