「こんまり」こと近藤麻理恵は、今や「片づけ」プロフェッショナルとして、世界で最も知られる日本人の一人となりました。2015年雑誌「TIME」の「世界で最も影響力のある100人」に選出、2019年には彼女独自の片づけ法「こんまりメソッド」をテーマにしたドキュメンタリー番組が動画配信サービス「Netflix」でシリーズ化。「KonMari~人生がときめく片づけの魔法~(Tidying Up with Marie Kondo)」は世界190の国と地域で配信されました。同年にはテレビ番組のアカデミー賞とも言われる「エミー賞」で、2部門ノミネートされました(これは日本人初の快挙だそうです)。
麻理恵さんの世界進出の戦略を手掛けてきたのがプロデューサーであり夫でもある私、川原卓巳でした。日本で活動していた彼女が、どのような流れで世界を舞台に活躍することになったのか。
初めて書き下ろした書籍『Be Yourself』では、麻理恵さんと二人で歩いてきた「自分らしく輝く」ための道のりをご紹介しています。特別なスキルや努力は必要ありません。あなたが、あなたらしく戻ること。そのためのステップをまとめました。本記事では具体的に、あなたがあなたらしく輝くためのメソッドをご紹介します。(構成:宮本恵理子)

「やりたくない」を書き出そう

 これまでの連載の中で僕は、自分を知るにはまず「片づけ」からスタートしようとお伝えしました。あなたを取り囲む「モノ」「環境」「時間」の中で余分なものを手放そう、と。(詳細は「自分らしさを知る最強の方法、それが「片づけ」だ」「自分の魅力って何?答えはあなたの「外」ではなく「内」にある」)。

 ただ、唐突に「余計なものを手放しましょう!」と言っても、一体、何が余計なものなのか分からない人もいると思います。そこでオススメしたいのは、書き出すこと。

 よくある「やりたいこと」のリストアップではなくて、「やりたくないこと」を書き出してみるのです。

 あなたが普段、無意識にしていることの中から、「始めるまで気が進まないこと」や「やってもつまらないこと」「やったら疲れること」などを書き出してみてください。そう、それがあなたが「片づける時間」の候補です。

 スケジュール帳を開いて、書き留めてあるTO DOリストの中から、何週間も消えずに残っていることも、余計なものの候補でしょう。やろうと思いながら、ずるずると後回しにしてきたこと、ありますよね。

 それは、多分あなたがやりたくないことですし、得意でもないことに違いありません。さらに言えば、もうそんなに寝かしてしまったのだから、やらなくてもいいことなのかもしれません。

 ハッキリ言おう。今さらやってももう遅い!(熟成しすぎて腐ってるって……臭ってきちゃってますよ)

 すぐにそれを得意な誰かに託すか、そもそもやる必要があるのかをもう一度確認して、TO DOリストから消してしまいましょう。

 スケジュール帳にも、あなたの心にも、空白が増えるはずです。

 ムダな時間を片づける。それだけでスッキリするでしょ?