「こんまり」こと近藤麻理恵は、今や「片づけ」プロフェッショナルとして、世界で最も知られる日本人の一人となりました。2015年雑誌「TIME」の「世界で最も影響力のある100人」に選出、2019年には彼女独自の片づけ法「こんまりメソッド」をテーマにしたドキュメンタリー番組が動画配信サービス「Netflix」でシリーズ化。「KonMari~人生がときめく片づけの魔法~(Tidying Up with Marie Kondo)」は世界190の国と地域で配信されました。同年にはテレビ番組のアカデミー賞とも言われる「エミー賞」で、2部門ノミネートされました(これは日本人初の快挙だそうです)。
麻理恵さんの世界進出の戦略を手掛けてきたのがプロデューサーであり夫でもある私、川原卓巳でした。日本で活動していた彼女が、どのような流れで世界を舞台に活躍することになったのか。
初めて書き下ろした書籍『Be Yourself』では、麻理恵さんと二人で歩いてきた「自分らしく輝く」ための道のりをご紹介しています。特別なスキルや努力は必要ありません。あなたが、あなたらしく戻ること。そのためのステップをまとめました。本記事では具体的に、あなたがあなたらしく輝くためのメソッドをご紹介します。(構成:宮本恵理子)

過去を手放しても「ゼロ」にはならない

 あなたの中にある「好き」「楽しい」「やってみたい」をもう一度見つけるには?

 まずは外側に分厚く積み重なった余計なものを一つずつ脱ぎ捨てていくこと。

 例えば、苦手なのに無理して頑張っていたこと、やりたくないのに続けてきたこと。そんなものはすべて、捨てて大丈夫です。

「捨てるなんて、怖い」

 最初はきっと不安が先に立つでしょう。分かります。僕自身も捨てることが怖かったから。

 僕が人生で初めて勇気を出して手放したのは、新卒で入った人材教育系の会社を辞める時のことでした。会社を去るということは、お付き合いのあった1000人以上のお客さまを手放すことでもあります。毎月定期的に振り込まれていた給与もゼロになる。7年半をかけて積み重ねてきたものを手放したら、自分には何もなくなってしまうんじゃないかと恐怖を感じました。

 死ぬほど努力を重ねて、寝ずに仕事をして、やっと認められるようになって。時間をかけて積み上げたものは、自分の肉体と一体化しているから、手放すなんて無理だと思っていました。

 でも、実際に辞めてみると、ゼロにはならなかった。

 会社員時代に培ったコミュニケーション力や営業力、問題発見力と課題解決力、タイムマネジメント能力は自分の血肉になっていました。「目に見えるものを手放すのが怖かったけれど、結局は目に見えない部分に力がついていたんだな」としみじみ実感したんです。

 何よりも会社員という立場を手放して良かったのは、自分の力で生きていくという覚悟が持てたこと。安心で安全な環境を手放したことで、むしろ本来の僕らしい姿に戻ることができた。自分の人生に自分で責任を取る生き方が実現できるようになった。

 手放した瞬間、体の奥からフワーッと何かが満ちてきました。この満ちてくるものの正体こそ、本来の希望や願望です。自然と力を発揮できて、周りの人を明るく照らせる、本来の価値です。