雑誌「TIME」による「世界で最も影響力がある100人」に、片づけコンサルタント「こんまり」こと近藤麻理恵さんが選ばれたのは2015年のこと。その前から、彼女のマネジメントを担当し、「こんまりメソッド」の世界展開をプロデュースしたパートナー、川原卓巳さんの初著書が発売された。タイトルは『Be Yourself』。本書は、麻理恵さんと川原さんがどのように「こんまり」をプロデュースしてきたのかを振り返り、誰もが応用できる再現性のあるメソッドにした「セルフプロデュースの教科書」だ。
変わりたくても変われない人、ストレスフルな人間関係にうんざりしている人、今の環境に全く満足できない人……。どんな悩みを持つ人も、「自分の中にある才能を引き出せば、ありのままの姿で輝き出す」ことができると確信を持って伝える川原さん。その理由について、率直な疑問をぶつけてみた。全4回インタビューの最終回は、自分らしくいられる人との出会い方と、ストレスフルな人間関係の整理の仕方について話を聞いた。(取材・構成/樺山美夏、撮影/Ogata)

自分らしく生きたい人が出会いを求めるときの条件

――自分を知るためには、「あなたは素晴らしい」「あなたのままでいい」と言ってくれる人を大切にすることも大事だと、『Be Yourself』では書いてあります。そんなパートナーとの出会いを求めて婚活している人もいますが、そのことについてはどう思われますか。

川原:出会いで人生は変わりますから、自分の価値や魅力を認めて信じてくれる人との出会いを求めることには大賛成です。ただし、自分で満たせないものを誰かに埋めてもらうための出会い探しは、やめたほうがいいです。

 なぜなら、一人で幸せを感じられる者同士でないと、共依存になってしまうから。よく「2人でいると幸せは2倍、辛さは半分」になると言いますが、それはお互い一人でいても幸せだから成り立つ関係のこと。僕と麻理恵さんもまさにそうで、お互い一人のときも幸せだったから、一緒になってより幸せになることができました。

川原卓巳(かわはら・たくみ)
KonMari Media,Inc Founder and CEO/Producer
1984年広島県生口島生まれ。大学卒業後、人材教育系の会社に入社し、のべ5000人以上のビジネスパーソンのキャリアコンサルティングや、企業向けのビジネス構築・人材戦略を行う。近藤麻理恵とは学生時代からの友人であり、2013年以降は公私共にパートナーとして、彼女のマネジメントとこんまりメソッドの世界展開のプロデュースを務める。2016年アメリカ移住後、シリコンバレーとハリウッドの両方に拠点を置きながら、KonMariのブランド構築とマーケティングを実施。日本のコンテンツの海外展開なども手がける。2019年に公開されたNetflixオリジナルTVシリーズ「Tidying Up with Marie Kondo」のエグゼクティブプロデューサーでもある。同番組はエミー賞2部門にノミネートされた。

川原:繰り返しますが、麻理恵さんは独身の頃から、個人として十分うまくいっていました。会社員時代に彼女が副業でしていた片づけレッスンは、人気が高まって、本業の業務時間以外と週末、目一杯入るようになりました。そしてクライアントだった中小企業の社長のデスクの片づけもするようになり、その会社の業績がアップし、本業での受注も増加していったのです。さらに片づけのお客様も紹介してもらって、また片づけの仕事も増えていきました。

 麻理恵さんが勤めていた会社でも、同僚や上司から片づけのアドバイスを頼まれるようになって、本業より片づけコンサルの副業が忙しくなったから独立したのです。その後で再会したとき、僕が「世界をもっと良くしたい」と学生時代に話したことを彼女は覚えていて、「あなたはもっと広い世界で挑戦できる、素晴らしい人だよ」と自信を与えてくれました。

 僕も、片づけで一人でも多くの人を幸せにしたいと本気で活動をはじめた麻理恵さんに共感して、全面的にサポートする覚悟ができた。麻理恵さんのプロデュースは、人を幸せにするために何ができるかを考える仕事です。人と話すことが好きで、次々にアイデアが湧いてくる僕の強みを活かせるところも大きかったですね。