ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分目狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

株のアップダウン
Photo: Adobe Stock

株式投資では、「買う」「売る」より「投資しない」という判断のほうが多くなります。

株式投資には野球のような“見逃し三振”は存在しません。

何度見送ってもプラス・マイナスの痛手はこうむりません。

投資を見送った銘柄の株価が上昇して、「投資しておけばよかった……」と後悔することはあるかもしれません。

それはそれで「買っておけばよかったパターン」として、あなたの投資経験に蓄積され、次の投資判断に活きてきますから、失敗ではないのです。

何度もスルーしながらも、「上がるパターン」「グズグズするパターン」「下がるパターン」の違いを蓄積することで、投資判断の精度により磨きがかかってきます。

とはいえ、最初からなるべく損失を出さないで、利益を出したいところです。

そこで、「この条件が揃ったら買い」「この条件にあてはまったらスルー」という投資判断の目安についてお伝えします。

すべての条件があてはまる銘柄を見つけることは容易ではないので、なかなか投資できずにもどかしく感じるかもしれません。

しかし、「可能な限り損をしたくない」と思うのであれば、条件に合わない投資をスルーすることも必要になります。

それぞれを見ていきましょう。

株価3倍(時価総額3倍)になるポテンシャルがある

「株価3倍=時価総額3倍」ということです。時価総額100億円の会社が株価3倍(時価総額300億円)になるには、新たに200億円分の価値を世の中に提供する必要があります。つまり現在の業績(特に利益)が3倍になるポテンシャルがあるかどうかがポイントになります。

商品・サービスのニーズが高い

会社の業績が3倍アップするためには、その会社の商品・サービスが3倍売れるようになる必要があります。展開している商品・サービスは、多くの消費者が「欲しい」と思うかどうか?シンプルながら本質的なポイントを冷静に見定めましょう。

「出来高」増加をともなう株価上昇の直後

株価が上昇する直前の底値で投資したいところですが、現実問題、それは神のみぞ知ることです。出来高(1日に売買が成立した株数)増加をともなった株価上昇時が実質的にベストな投資タイミングです。シンプルに「継続的な上昇トレンドにのっている銘柄」も入れて問題ありません。

――これら3つの条件が全部揃う銘柄は滅多に見つからないかもしれません。

しかしその分、出会えたときは大きな投資チャンスになります。