母親は「子どものお世話係」に
なってはいけない

きちんとした子育ては逆効果、「全米最優秀女子高生」の母が解説『子育て後に「何もない私」にならない30のルール 』  著者:ボーク重子 2020年12月11日発売 定価(本体1400 円+税)

 それは、母親が自分らしく幸せに、自らの人生を切り開いていく、自分軸を持った人生を歩く背中を見せることでもあります。親が自分の時間にやっていることを見て、子どもは親の生き様を学び、それが子どもの生き方のロールモデルとなっていきます。

 子どもは言われたからやるのではありません。見て真似するのです。そして子どもには見て真似する存在が必要です。

 お世話は究極を言えば、誰でもできます。母親じゃなくてもいいのです。でも背中を見せる子育ては親にしかできません。

「やらない子育て」は母親の自己肯定感を上げ、子どもの生きる力を育んでいきます。変化の激しい人生100年時代を生きていく子どもに必要な力を育むためにも、ぜひ試してみてくださいね。

 きっと全然違った自分の、そして子どもの姿が見えてくることでしょう。

(ICF会員ライフコーチ ボーク重子)