片づけられない人たちの“最後の駆け込み寺”として有名なカリスマ片づけアドバイザー・石阪京子先生の最新刊『一回やれば、一生散らからない「3日片づけ」プログラム これが最後の片づけ!』が、ついに発売に!
在宅ワーク化が進んだり、備蓄も必要だということが分かったwithコロナ時代。捨てるだけの片づけ術では対応しきれなくなった新時代の片づけ術とは? 絶対リバウンドしないための収納方法や家事のやり方とは? この連載では、本書の一部を抜粋しながら、石阪メソッドをご紹介します。
どこにも行けない長期休暇は、家族で楽しみながら3日間の「片づけ合宿」をやってみてはいかがでしょうか?

Photo: Adobe Stock

年末大掃除をする前に、徹底的な「3日片づけ」を!

 年末の大掃除をされる方も多いと思います。でも、掃除をしてもなんだか綺麗にならない、すぐにまた散らかる…と思っておられるなら、するべきことは「掃除」の前に「片づけ」です。

 私が本書で提案している片づけ術は、部屋割りから考え直し、徹底的に片づけて二度とリバウンドしない、「家一軒」を片づけきる方法です。家一軒を片づけるのは、相当なエネルギーがいります。でも、正しい順序で行えば、どんなに散らかった家でも最短3日間あればすっきり片づいた家に生まれ変わります。

 3日連続で時間がとれない場合は、のべ3日間で構いません。でも、できるだけ1日目と2日目は連続させることをおすすめしています。本書を読み進めていただくとわかりますが、1日目の最後は、部屋の中がごちゃごちゃになるからです!

 そして、この3日間は非日常的な時間だと考えてください。大掛かりな片づけをしている時に、料理や洗濯など、いつも通りの家事なんてできっこありません。ですから、この期間は料理も家事もしなくてOK! そのかわり、家族で「合宿」をしているような気持ちを共有し、真剣かつワクワクした気持ちで取り組んでくださいね。

 新しい暮らしのための「片づけ合宿」は、ちょっとしたイベントにしてもいいと思うんです。在宅で家族の関係が悪くなりがちな時に、家族みんなでひとつの目標にむかって努力するのは、家族の絆を深めるのにも有効です。

特に子どもたちは、すごく楽しみながら取り組んでくれます。子ども部屋が片づいて、「お昼はマクドにしようか」と言うと、「やったー!」と喜んだり。

私の元には、「片づけ合宿」に取り組んだ生徒さんから、かわいいお子さんたちの動画が続々と来ています。

「片づけ合宿」の進め方
事前準備:作戦会議、頭の中で片づけ
1日目:バックヤード
2日目:キッチン、洗面所など
3日目:リビング、玄関

3日間で片づけきるには、どこからどのように片づけるかのスケジュールが非常に重要です。そのあたりは、本書で詳しく紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。