たくさん服はあるのに、今日着る服がないのは、あなたが服を持ちすぎているからかも?
新しい服を買うのをやめて、手持ちの服だけで過ごしてみると、意外と定期的に買い続けなくてもおしゃれはできるということが分かってきます。NYで話題の必要最小限の、確実に着る服だけのワードローブのつくり方「プロジェクト333」を紹介した書籍『もう、服は買わない』が12月16日に発売。今回はその中から、実際に33着にしてみてよかったことについてをご紹介します。

いつもの服なのに、褒められる

私が初めて33のアイテムで3ヵ月過ごしたあと、たった数ヵ月間大量の服と距離を置いただけなのに、私の頭に浮かんだのは「もう、全部手放さなくちゃ」ということでした。

「もっと」ではなく、「より少なく」。それが、私の問題解決策の基本です。少ない服を着こなしていると、ある種の「もっと」を楽しめるようにもなります。その体験は人によってさまざまですが、少ない服で過ごすことのメリットをご紹介しましょう。

1 朝、余裕ができた
 ほとんどの方が、服を減らしてすぐに感じることです。朝、あれこれ試しては、どれにすべきかと悩んで時間を無駄にしなくなれば、ゆっくりと朝食をとったり、瞑想したり、ゆったり落ち着いたペースで1日を始める余裕ができます。

2 節約できるようになった
 これは言うまでもありません。私の場合、33着の生活を始めてから買い物に出かける回数が4分の1ほどに減りました。

3 本当に大切なことに集中できるようになった
 外見や着るものに費やしていたエネルギーと集中力のすべてを、自分や世界にとって本当に大切なことに向けられるようになったところを、想像してみてください。

4 人から褒められるようになった
 これは意外でした。褒められるようになっただけではなく、以前とは違う褒め方をされるようになったのです。「そのネックレス(あるいは靴)、いいわね」と言われるのではなく、「今日はとてもきれいね」とか「どこか変えた? なんだかすごく素敵」と言われるようになりました。

5 自信がついた
 気持ちの変化もたくさんありました。以前の私は服に頼り切っていて、「自信は内面から生じる」ことを忘れていたのです。

 ここに挙げただけではありません。33着で過ごすことにトライした人たちは、不安を感じなくなった、以前よりクリアに物事を考えられるようになった、集中力が高まったと報告しています。子どもと根気よく接するようになったとか、よく眠れるようになったといった感想も寄せられました。私たちに訪れたのは「内面の変化」だったのです。

漫画:進藤やす子

『もう、服は買わない』は、ファッションや服だけの試みではありません。ただ、そこから始めるというだけです。クローゼットのなかのアイテムを減らすだけで、どれほどストレスが減り、どれほどスペースをつくり出せるか、どれほど節約できるか、そしてどれほどの喜びを得られるかがわかれば、なんだ、もっと早く始めておけばよかったと思うでしょう。

まずワードローブの数を減らすところから始めますが、その成果やそこから得た経験や考察は、服にとどまりません。むしろ、本当に上質なものが明確にわかるようになり、「より少なく」のほうが実は豊かであることを実感できます。今のあなたが「もっと」では満足できないのであれば、「より少なく」をぜひ試すべきです。

『もう、服は買わない』では他にも、捨てていい服の判断基準や、具体的な服の減らし方、必要最低限のワードローブのつくり方、必ず使う服の見極め方、無駄買いを防ぐ方法などたくさんご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。