オンラインで「感じのいい人」「会いたいと思われる人」のメールやメッセージは、既成概念にとらわれず、こうしたつかみの1行がある(写真はイメージです) Photo:PIXTA

コロナ禍で普及したリモートワークやWEB会議。対面でのコミュニケーションが減っているビジネスシーンでは「短く早く」伝えるのはもちろん、簡潔だからこそクールにならないよう、相手を和ませる工夫をした伝え方が求められます。そこで今回は、著述家・臼井由妃さんの新刊『できる大人の伝え方 「短く早い」が一番伝わる』(青春出版社)から、メールやSNSで相手に「離れていても心の距離は近い」「リモートでも会いたい」と思ってもらえるやり取りのポイントを紹介します。

感じのいいメールに欠かせない“3Yイメージ”とは

 新型コロナウイルス感染の不安感が拭い去れない状況下で、リモートワークのニーズは高まり、私たちの働き方に大きな変化をもたらしました。しかし、不慣れなカメラ操作やオンラインミーティング、チャットに悪戦苦闘。結果、相手に悪印象を与えてしまっている人が多いという現実もあります。

 対面での会話が減る中では、ビジネスライクなメールやテキストだけのコミュニケーションでは、言葉の真意や感情が伝わりにくく「なんだか冷たい」「気難しい人ではないか?」などと思われてしまいます。

 それを未然に防ぐのが、ちょっとした1行。メールはもちろん、SNSを介してのメッセージやオンライン会議でも活用できる術です。なかでもオススメはやさしい・やわらかい・やすらぎを与える(それぞれの頭文字をとって)「3Yイメージ」や、さりげなく自己開示をつかみで使う方法です。