2021年早々、一都三県に緊急事態宣言が発令。コロナ感染者が激増する中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(1/12から6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

Photo: Adobe Stock

質問
 社内研修で居眠りさせない方法ありますか?
 
業務の合間を縫って実施する社員研修。

 みな忙しいのはわかりますが、研修中に社員が緊張感なく居眠りしています。

 ただ参加するだけの社員研修ではなく、内容をちゃんと理解してもらえたのか、モチベーションを上げて、手間ゼロで確認までする方法はありませんか。

回答
 Google フォームで自動採点のミニテストを実施しましょう!

 私の会社では、毎週のように教育向け、企業向けに Google の研修を実施しています。

 いちばん気をつけていることは、「一方的にならない」ことです。

 講師が話しっぱなし、受講者は聞きっぱなしという研修では、受講者が寝てしまうのも無理はありません。そこで、質問をしたり、グループ討議の時間を設ける工夫をしています。

 とくにランチのあとの午後の研修は要注意ですよね(笑)。

 できるだけ手を動かしてもらい、参加型で研修をデザインするのも腕の見せどころです。

 さらに研修のモチベーションを高めるために、だれでもカンタンにアンケートを作成・回答できる Google フォーム を使用しています。受講後に自動採点のミニテストを実施するのです。

 Google のアプリの特長は「インタラクティブ」であること。

 クラウドだから、双方向のコミュニケーションがカンタンに実現できるんです。

 Google フォーム では、アンケートの選択肢に正解と配点を設定することで小テストにすることができます。回答形式は11種類が標準装備され、あらゆる質問に対応しています。

 どんなことができるのか、サンプルフォームを作成しました。よかったら実際に触ってみてください。

 Google フォームを体験!サンプルフォームURL:https://forms.gle/dvKf6d7HJPR9oaHQ8

 画像やYouTube の動画を見てもらって、その内容に関して問題を出すことも可能です。

 回答を完了すれば、即座に採点結果も表示されます。

 こんな仕組みがあるだけで、社員の皆さんが研修に取り組む姿勢が変わりそうな気がしませんか?

 一度小テストをつくってしまえば、何回も使いまわすことができます。回答の記録も残ります。

 また、社員のみなさんに確認テストをひとり1問、問題と回答をつくってもらうというのもいいかもしれません。

 単なるアプリの機能紹介ではなく、どんなビジネスシーンにどんなアプリを導入すればチームのパフォーマンスを向上できるのか。このたび、Google の提供している無料アプリ約70を「10」に厳選して紹介した『Google 式10Xリモート仕事術』を出版しました。ぜひご活用ください。

ps.今回、特別動画「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」をアップしました。ビジネスパーソンに即役立つ内容だけを凝縮しました(6回限定)。できたてほやほやです。ぜひご覧いただけたらと思います。