この言葉を聞いて、弱い者ほど強いのだと思えばいい。優しくて、優しくてどうしようもないようなあなただから、頑なで、強気一点張りの人を動かすことができるのだ。弱い、強いなんて、そんなにこだわる区別でもなんでもない。だからあなたは自分が弱くて、優し過ぎて、人間関係で前に出られないからと言って、深刻になる必要はない。あなたにふさわしい出会いを求めれば、水が岩石を動かし、山を崩すように大きな仕事ができるのだ。

 さあ、出会いこそ人生のチャンス。出会いを求めて秋空の下、思い切って外に出ようじゃないか。