暗黙のルールを明文化すれば
組織運営の質も向上

 リモートワーク下における新人教育のポイントは、コミュニケーションに手間をかける点にあります。前述した内容以外にも受け入れ側は、これまで口頭で伝えていたことや暗黙のルールを全部言語化し、ルールブックにまとめるといったことにも取り組んでみるとよいでしょう。そうすれば新人も新しい職場にはるかに適応しやすくなります。

 これをやるとルールの棚卸しになり、「このルールはもう不要だ」「一部でしか共有されていなかった」などと課題の発見や整理、ひいては組織運営のブラッシュアップにつなげることもできるでしょう。

 みんなでオフィスに集まれなくなってオンボーディングが難しくなったのはコロナのせいですが、むしろこれを機会にマネジメントを進化させられれば、コロナのおかげにすることができます。コミュニケーションに手間ひまをかけるのは本当に大変ですが、なかなか終わりの見えない大変な状況だからこそ、これを一つのきっかけと思って前向きな気持ちで取り組むことが大切だと思います。

(株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役 丸山貴宏)