コロナ禍による緊急事態宣言下、日々経営環境の過酷さは増すばかり。
3月決算が近づく今、なんとか社員のモチベーションを上げながら、業績を上げたい経営者も多いだろう。だが、もうすぐ春なのに、明るい材料が見出せない。そんな社長も多いのではないだろうか。
そんな社長へ朗報。今回、18年連続増収、750社の指導で5社に1社は過去最高益・倒産企業ゼロに導いた株式会社武蔵野の小山社長が業績復活の究極のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート――2泊3日で165万円! プレミアム合宿LIVE講義』がロングセラーとなり、オーディオブックが刊行され話題となっている。
この本は、2泊3日で165万円の箱根プレミアム合宿を一冊に凝縮した画期的な本。しかも「12名限定」でキャンセル待ちが続くなんともミステリアスな合宿だ。なのにはるばる全国各地から参加した社長たちは「165万円は安い」という。一体どういうことか?
経営のカリスマにその秘密とノウハウを今こそ紹介してもらおう。

Photo: Adobe Stock

社員にお金を貸しても、根本的な解決にならない

小山昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野 代表取締役社長
1948年山梨県生まれ。東京経済大学を9年かけて卒業。「大卒は2人だけ、赤字続きだった武蔵野」を18年連続増収の優良企業に育てる。現在、750社超の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。今回、これまで一切封印されてきた武蔵野史上最高額のセミナー「実践経営塾 箱根プレミアム合宿」のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート』を出版。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『1日36万円のかばん持ち』『残業ゼロがすべてを解決する』『数字は人格』『お金は愛』などベスト&ロングセラー多数。

武蔵野の経営計画書には、

「飲み会では、仕事だけではなく、プライベートのことや悩みなども聞く。
特に、部下の金銭に関わる相談事は、社長に報告する」
と明記されています。

社員がお金で困っていると、社長は「なんとかして助けてあげたい」と思うものです。

その気持ちもよくわかる。

でも、正しく手を差し伸べないと、会社のためにも、社長のためにも、社員のためにもなりません。

今回は、本当に起きた出来事を紹介しましょう。

A社の社長は、借金で苦しむ社員を助けようと、社員にお金を貸し付けた。

いくら貸したと思いますか?

1000万円です。

では、会社から(社長から)1000万円を借りた社員は、その後、更生したと思いますか?

しませんでした。

会社から借り、部下から借り、消費者金融から借りても荒れた生活は変わらなかった。

そこで私は、A社の社長にこういいました。

自己破産させなさい。それ以外、彼を助ける方法はない」

私は基本的に、自己破産させることには否定的です。

打つ手はいくらでもある。

でも、この社員の場合、このままでは破滅しかねない。

そこで、自己破産という最終手段を取ることにしました。

その後、彼は更生して幹部として活躍しています。