「戦後最大の経営危機」「コロナ倒産はこれからが本番」といわれている今、経営者にとって経営環境の過酷さは増すばかり。そんな中、衝撃の一報が入った。
「これまで一切封印してきたが、今回初めて、プレミアム合宿を公開することにした」
電話の主は、株式会社武蔵野の小山昇社長。自社を18年連続増収、750社の指導で5社に1社は過去最高益・倒産企業ゼロに導いたあの経営指導のカリスマだ。理由を聞くと…
「コロナ禍で全国の社長が苦しんでいる。見て見ぬふりはできない。大ピンチを大チャンスに変えてほしい。実際、当社も指導企業もとことん社員が明るい。今は、夢と希望しかない」
そんなプレミアム合宿を一冊に凝縮した小山社長の最新刊『門外不出の経営ノート――2泊3日で165万円! プレミアム合宿LIVE講義』がいよいよ発売。日経新聞にも掲載された。
聞けばこのプレミアム合宿。箱根・山のホテル(旧岩崎小彌太男爵別邸跡)で開催され、2泊3日で165万円(税込)だという。誰がそんな高額セミナーを受講するというのか?
しかし、「12名限定」でキャンセル待ちが続いているという。しかも、参加したダントツ社長からは「165万円は安い」という声が出ているとか。一体全体どういうことなのか?
経営のカリスマにその秘密を紹介してもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

エリアを絞って、経営資源を集中投下

事業構造(どの商品・サービスを、どの販売方法で、どの顧客層に販売するか)を考えるときも、「やりたいこと」ではなく、「やらないこと」を先に決めると、むやみに事業の間口を広げることがなくなり、自社の強みを生かした仕事にヒト・モノ・カネを集中投下できます。事業展開を考えるうえで、武蔵野が「やらない」と決めていることは、次の「4つ」です。

中小企業は基本的に弱者です。

弱者の戦い方は、テリトリーを小さく、一点集中型で攻めるのが定石です。

中小企業はリソースが限られているので、エリアを広げるのはマイナス。マーケットを広げれば広げるほど経費がかかりますし、営業効率も落ちて生産性が下がります。

当社のダスキン事業は、「東京都全域の営業権」を持っています。

しかし、本社のある小金井市(人口約12万人)を中心に、「東京都の4分の1のテリトリー」に限定しています(それでも当社は、約1400あるダスキン代理店において日本でベスト5くらいの売上)。

企業のコンサルティング事業を行う経営サポート事業部も、テリトリを小さくしています。