経済的に自立して早期リタイアを果たす「FIRE」を目指し、
株式投資を始める個人投資家が増えている。
その多くの投資対象は日本株だが、じつは米国株こそFIREへの近道だ。
米国株は日本株より手堅い。
某大手金融機関に勤めていた著者は、40歳で早期リタイアを考え始め、
2020年に資産1億円達成を計画。
計画を前倒しで2019年に目標達成、51歳で早期リタイアを実現した。
初の著書『【エル式】 米国株投資で1億円』では、
早期リタイアの大きな原動力となった米国株の投資術を全公開。
これまでの投資歴や投資銘柄、今さら聞けない米国株投資の基礎の基礎から、
年代や目的別の具体的な投資指南、最強の投資先10銘柄に至るまで、
“初心者以上マニア未満”の全個人投資家に役立つ情報を徹底指南する。

株価 上がる
Photo: Adobe Stock

「攻めにも守りにも
強いポートフォリオ」

米国株投資では、上場投資信託(ETF)と個別株の組み合わせをおすすめしています。

ETFは数百もの銘柄に投資のプロが分散投資していますから、個別株のように1つの銘柄選択を誤ることによって資産を大きく減らすリスクが避けられます。

しかし、個別株に投資したほうが、米国株投資が“わが事”になり、より自分に関係深いものだと思えるようになるというメリットがあります。

そもそも、個別株のほうがETFより大きく株価が上昇する「夢」もあります。

もし「10年で資産1億円を目指す」という目標を持つとすれば、個別株への投資は必要になってくるでしょう。

2005年にアマゾン・ドット・コムへ投資したことを皮切りに、私はこれまで多くの米国株に投資してきました。

その過程で投資したすべての銘柄をあらためてチェックし直してみました。

『米国会社四季報』などで基本データ(業績や増配動向など)をチェックしながら、「攻めにも守りにも強いポートフォリオ」を数十通りの組み合わせを試しながら導き出したのです。

その結果が、「【エル式】最強の10銘柄」です。