Photo:SOPA Images/gettyimages

東京五輪に暗雲が垂れ込め、まだまだ続きそうな巣ごもり生活。これを逆手に取って家の中で楽しめる映画やドラマに詳しくなるのもいいかもしれない。筆者の独断と偏見で、話題のネットフリックス(Netflix)でのおすすめを探る。(フリーライター 武藤弘樹)

投じられる巨額の制作費
映画ファンを十二分に満足させる

 動画配信サービスは巣ごもり生活を豊かにしてくれるもののひとつで、国内ではいくつかの動画配信サービスがしのぎを削っている。筆者がヤフーで「Netflix」と検索したら一番上に「U-NEXT」(他の動画サイトサービス)が広告として表示されるくらい、激しい競争が繰り広げられているようだ。
 
 各動画配信サービスは、競合他社との差別化を図るために、それぞれ注力しているポイントがある。その中でもオリジナルコンテンツの充実に尋常でなく力を入れているのがNetflixである。

 映画を1日最低1本は見る知人にNetflixオリジナルコンテンツの魅力について尋ねたところ、知人の弁舌は止まらなくなったが、要約すると以下である。

●いつも脇役で見かけていた俳優が主役級に抜擢されているのを見つけたときの驚きと喜びが、映画ファンにはたまらない。
●取り扱っている作品の幅が広く深い。特に音楽もの(映画やドキュメンタリーなど)の充実は他の動画配信サービスとは比べものにならない。
●サブスクリプションサービスならではの気軽さで、レンタル店ではとても手を伸ばそうとは思わなかったような作品も視聴するようになり、またそうした作品の良さを知ることができた。

 ご覧の通りNetflixオリジナルは、自分の好みに矜持を抱く映画好きを充足させたが、コンテンツは映画だけではなく他にドラマやドキュメンタリーがあるし、知人の指摘の通り「幅が広く深い」ので、筆者くらいの「人並みに映画を見る」ライト層もどっぷり楽しめるラインアップが用意されている。
 
 次に、Netflixオリジナルコンテンツでいくつかおすすめのものを紹介するが、同様の趣旨の記事は多く散見されるので、本稿ではSNSで話題になったものや個人的に面白かったものの中から、特に大人向けと思えるものを紹介したい。