悩み,都道府県
20代で悩みのない人が多い都道府県は? Photo:PIXTA

 少子高齢化が全国的に進む今、若い世代は地域の持続や活性化に欠かせない存在だ。そんな彼らが大きな悩みを抱えずに過ごせることが、地域からの人口流出を防ぐ一つの重要な施策になるだろう。では、どの地域で「悩みがない」若者の数が多い傾向にあるのか。

 それを47都道府県に住む20代へのアンケートによって明らかにしたのが、ブランド総合研究所の実施した「20代で悩みのない人が多い都道府県ランキング」だ。

 このランキングは、ブランド総合研究所が2020年6月に行った住民視点で地域の課題を明らかにする『都道府県SDGs調査2020』によるもの。それでは早速、47都道府県の住民へのアンケートでわかった「20代で悩みのない人が多い都道府県ランキング」を見ていこう。

※調査を行ったのはブランド総合研究所。アンケートはインターネットにて実施。1万6000人から回答を得た(各都道府県から約350人)。同調査では「住民の悩み」(48項目)の有無を尋ねており、そのいずれにも当てはまらない、すなわち「悩みがない」と答えた人の割合から今回は20代に絞ってランキングを作成した。調査期間は2020年6月12日~29日。

1位はダントツで福岡県に
20代で悩みのない人が多い都道府県ランキング

「20代で悩みのない人が多い都道府県ランキング2020」1位は福岡県で、「悩みがない」と答えた20代の割合は40.9%に上った。2位の山口県は「悩みがない」と答えた人の割合が31.3%となり、福岡県は2位と9ポイント以上も差をつけてダントツの1位だった。

 3位は栃木県(31.1%)、4位は鳥取県(29.3%)、そして5位には三重県(29.0%)が続く結果となった。