コロナ感染者が増える中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

目標 スタート
Photo: Adobe Stock

質問
  Google式10X目標を立てたものの、いったい何から始めればいいのでしょうか?

 幸せにしたい人をイメージして10X(テンエックス)目標を立ててみました。

 しかし、壮大すぎて、何から手をつけたらいいかわかりません。

 周囲からもバカにされているような気がするし、実際、今の自分には足りないものばかり。

 モチベーションを上げ続ける方法ってありませんか?

回答
 10X目標につながる「小さな一歩」に分解し、ワクワク行動してみましょう

 あまりにも大きな目標を立ててしまった…。

 あなたは、そう後悔しているのかもしれません。

 でも、ちょっと待ってください。

 そもそも10X目標は、あなたの毎日にイノベーションを起こすためのきっかけ

 そして、あなたが行動する理由を明確にするものです。

 イノベーションとは、「昨日とは違う明日を今日つくる」こと。

 それが私が聞いたGoogler(※Googleの社員のこと)の定義です。

 ならば、昨日とは違うことに一つでも取り組めていれば、それだけでもう合格です!

 ただし、たった一つだけ条件があります。

 あなたの10X目標に近づける一歩だったかどうか、です。

 10X実現を阻む、行動ができない「行動の壁」を打ち破るのはカンタンです。

 やるべきことを可能な限り小さく分解して「質より量」を意識するのです。

 また、実際に試して失敗することが重要です。

 やったことがないのに、はじめから上手にできるはずはありません。

 Googleでは、失敗には2種類ある、と考えられています。

 良い失敗と悪い失敗です。

 取り返しのつかない失敗、時間やお金をかけて失敗するのは「悪い失敗」で避けるべきです。

 「良い失敗」とは、その失敗からすばやく学び、成功に近づく失敗です。

 具体的なゴールをイメージし、まずはうまくいってもいかなくても、数をこなすことです。

 どんなに気持ちが乗らなくても、まずは1日5分だけ、決めたことをやってみてください。

 Google共同創業者のラリー・ペイジは、

 「アイデアに価値はない。それを実行できて初めて価値になる」

 と言っています。

 10X目標を目標のままにしておくのは、とっても残念なこと。

 まずは10Xを達成するために必要な行動を逆算して書き出し、小さな一歩を踏み出しましょう。

 とにかく、まずは行動。モチベーションは無理に上げなくても大丈夫。

 2つ目の壁を乗り越えたら、次のステップに移りましょう。

 誰もが知っているGoogle。

 なのにほとんど知られていないGoogle。

 知られざるGoogleの考え方が他にもまだまだあります。

 知ってみたくありませんか?

 あなたの毎日にも、イノベーションを起こしてみませんか?

 すべて無料です。

 このたび、リモートワーク時代の生産性を劇的向上させる効果的なGoogleの考え方、そしてGoogleのアプリ群の活用術を『Google式10Xリモート仕事術』にまとめました。よろしければぜひご活用いただけたらと思います(セミナー案内はこちら)。