写真:コロナ消毒
写真はイメージです Photo:PIXTA

30代後半の元ひきこもり男性が2020年12月末、ようやく就職した清掃会社を退職した。適切な装備品の用意がないまま、会社が危険な新型コロナウイルスの消毒の依頼ばかり受けるようになった。そして、過剰勤務を強いられる中で終え尽きて体調を崩し、「もう無理」と会社を後にしたのだ。男性は「就労意欲があっても、会社が利益を優先して従業員の健康に配慮しない環境で働き続けるのは難しい。社会との乖離を感じた」と明かしている。(ジャーナリスト 池上正樹)

コロナ消毒は単価がいい
清掃会社は前のめり

 コロナ消毒の過剰勤務に恐怖を感じ、体調を崩して勤務先の清掃会社を辞めたのは、関東地方の清掃会社に勤めていた30代後半の佐々木さん(仮名)。

 元々、佐々木さんは、大学時代の就職活動でどこも受からずに実家で2年ほどひきこもった。

 しかし親は何も言わず、「好きなことをやったらいい」とお小遣いを出してくれた。そこで本を買ったり、図書館に行ったりして、1日に3冊ずつのペースでずっと読書を続けていた。本を読むうちにだんだんひきこもることに飽きてきて、知的好奇心に突き動かされるように「そろそろ外に出ようかな」と思った。

 今の仕事に就いたのは、「本の中で好きなことに出合い、お金が必要だと思った」からで、そのとき、ずっと見守ってきた「親も応援してくれた」からだと話す。
 
 佐々木さんが入社した清掃会社では、それまで施設やビルなどの清掃業務を行ってきた。ところが、2020年にコロナの感染が拡大すると業務内容は一変。施設やオフィスのコロナ消毒業務に追われるようになった。

「コロナ消毒は単価がいいので、会社としては利益が出るわけです。個人的には感染リスクが高いのでやりたくない仕事でしたが、やる羽目になりました」(佐々木さん)