コロナ感染者が増える中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

忘れてた 会社員
Photo: Adobe Stock

質問
「失念しておりました」と言わなくて良くなる機能、ありませんか?

 ずっと忙しいというわけじゃないのですが、メールを受信したときに「後でメールしよう」と思っていて、すっかり返信し忘れてしまうことが多々あります。

 こんな私にぴったりなGoogleの神機能ってありませんか?

回答
 Gmailの「スヌーズ機能」がオススメです。

「スヌーズ」って言葉を聞いたことありますか?

 毎朝、起きる時間をスマホのアラームで設定しているという方なら、ピンと来たかもしれません。そうなんです。1度アラームを止めても、しばらくすると再び鳴りだすあの機能が「スヌーズ」です。

 スヌーズとはそもそも「いねむり」という意味ですが、この機能が、Gmailにもついています。つまり、一旦届いたメールを、必要なタイミングで改めて表示させる機能です。

スヌーズ

 スヌーズさせたいメールを開き、上部の時計アイコンをクリックすると、図のようにスヌーズする日時を指定できます。GoogleのAIによって[明日][今週中]など候補が表示され、時刻は現在の時刻によって変化します。[日付と時間を選択]から、自分の希望日時を指定できます。

 設定が完了すると、メールは受信トレイから消え、画面左の[スヌーズ中]に格納されます。

スヌーズ中

 指定したタイミングになると、メールは受信トレイの最上部にもう一度表示されます。

 いますぐに対応する必要のないメール、またはあとから必ず対応しようと思ったメールは、こまめにスヌーズしておくと、[受信トレイ]をスッキリした状態に保て、ウッカリ忘れをなくせます。

 誰もが使っているGoogle。

 なのに、まだまだ知られざる使い方がたくさんあります。

 あなたも今すぐ知りたくありませんか?

 生産性が劇的向上しますよ。

 『Google 式10Xリモート仕事術』でわかりやすく解説しています。
 ぜひ、参考にしてみてください(セミナー案内はこちら)。