海南省最大の都市海口市の市場で熱帯フルーツを買う海外からの観光客(著者提供)

2025年、海南島が中国で特異的な島になる

 春節が終わりに差し掛かった頃、中国のネット界隈では、「2025年に、南シナ海北部にある海南島が“香港”になる」というニュースに沸き立った。

 厳密に言えば、第13回全国人民代表大会(以下、全人代)の常務委員会第24次会議で、海南自由貿易港法(草案)の審議が始まっただけのことだ。しかし、海南省だけのためにわざわざ立法しようというわけなので、海南省の特異性に注目が集まっている。

 海南島(海南省の大部分を海南島が占める)を自由貿易港、つまりフリーポートにするという中国政府の構想は、2020年6月に正式に発表されている。構想の主な内容は、お金・人・モノの自由移動を認め、税体制も中国本土と違い、フリーポートにふさわしい独自の体制になる。わかりやすく言えば、香港並みに持っていこうとするものだ。

 構想の細部がわかる噂もいろいろと出てきている。

 まず、海南島が“香港”になるタイムリミットがはっきりと出ている。2025年までに、海南島と中国本土との隔離作業をすべて完了するという。この隔離は法体系、税金体系、身分証明関連の公的書類なども含む。

 そうなると、2025年以降、海南島にはいろいろと大きな変化が起きるはずだ。