写真:眼痛
写真はイメージです Photo:PIXTA

突然の眼痛と頭痛
失明の危機もあるので要注意

(うっ、痛い。なんだこの痛み)

 夕食後、パソコンに向かって作業していたセイジさん(仮名・51歳)は額を抑え、低くうめいた。突然左目の奥に痛みが走り、激しい頭痛に襲われたのだ。一瞬、視界に虹のような光の輪が見えたような気もした。

(どうしよう、目を使いすぎたのかな。頼む、治まってくれ)

 祈るような気持ちで疲れ目用の目薬を差し、ベッドに倒れこむ。

 実は、こうした症状に襲われたのは初めてではなかった。この半年ほど、休憩なく4~5時間もパソコンで目を酷使した直後、今回よりは弱いものの、目の奥の重たい痛みと頭痛を感じることが何度かあった。病院に行った方がいいかもしれないと思ってはいたが、数分我慢するうちに治まってしまっていたので、そのまま放置していた。

 しかし、今回の痛みはぜんぜん治まらなかった。それどころか吐き気まで加わり、パニックを起こしそうになった。普段なら救急車を呼んだと思う。だが、コロナ禍で搬送を断られるケースが増えているというニュースを思い出し、やめた。