Photo:PIXTA

所属する会社によって
退職金の制度は違う

 多くのサラリーマンには、定年が近づいてくると非常に気になることがある。それが退職金だ。退職金と一口に言ったが、厳密には企業において「退職給付制度」と呼ばれているものであり、多くの場合、一時金として一度にまとめて受け取るか、あるいは一定期間にわたって年金のように延べ払いで受け取るかが選べるケースになっていることが多い。

 もちろんそのタイプはさまざまで、完全にどちらかを選べたり、あるいは一部だけ選べるようになっていたりすることもある。中には受け取り開始時期を選べるという会社だってある。そもそも退職金というのは性格的には給料の後払いであるから、その会社独自の取り決めによってさまざまなパターンにすることが可能なのだ。

 ところが、受け取る側からすれば選択肢があるということは悩む原因になってしまう。なにしろ退職金というのは、普通のサラリーマンが生涯で最もまとまった金額を手にする唯一の機会と言ってもよいのだから、大いに悩むのも無理はない。