オーストラリア大陸中央に忽然と姿を現す先住民の聖地ウルル(エアーズロック)
オーストラリア大陸中央に忽然と姿を現す先住民の聖地ウルル(エアーズロック)

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、今回はオンライン海外ツアーの楽しみ方を紹介します。2021年3月20日(土)放送予定の日本テレビ『世界一受けたい授業』で、地球の歩き方編集長の宮田がオンライン海外ツアーの楽しみ方を伝授します! その放送を記念して、本記事では地球の歩き方編集部がおすすめする“世界の岩”とそのオンラインツアーを紹介します。自然の神秘を感じ、さまざまな伝説に彩られた奇岩・巨石が見せる絶景は、海外旅行が再開されたら絶対に訪問したい場所。まずはオンラインツアーで予習をして、実物を見に行けるその日を楽しみに待ちましょう!

【はじめに】2021年3月13日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方ニュース&レポート』では、昨今の世界情勢をふまえ観光地情報の発信を抑制してきました。しかし、「近い将来に旅したい場所」として、世界の観光記事の発信を2020年6月以降、再開することにいたしました。
 世界各地のまだ行ったことのない、あるいは再び訪れたい旅先の詳しい情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス禍収束後は、ぜひ旅にお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを、心より願っています。

一枚岩からバランスロックまで、
自然が造りだす岩の姿に圧倒される

 岩の絶景として大人気なのがオーストラリア中部にあるウルル(エアーズロック)です。高さ348m、周囲9.4kmの世界最大級の一枚岩。赤土の砂漠地帯に孤立したように聳える姿は神秘的で、オーストラリアの先住民にとって数多くの伝説が残る聖地となっています。2019年に、先住民の聖地であることに配慮し登山は禁止されましたが、今なお多くの人を惹きつけるオーストラリア有数の観光地。それはウルルがもつ自然のパワーによるものなのかもしれません。