さらにいえば、できれば新時代のボクサーサウンドを聞きたいと感じた。静粛性は高いものの“心地よい音質”という印象はない。“ない物ねだり”であることは理解しているが、独自技術でドライバーを魅了するスバルである。もう一歩のチャレンジを期待する。

ドライバーを魅了する
グランドツーリングカーが誕生

 新型レヴォーグの走りで最も感心した点は、しなやかで洗練されたフットワークだった。これは、“スバル車で初”という電子制御式の可変減衰力ダンパーを採用したSTIスポーツの印象。フリクションを感じさせず、路面を問わず滑らかでフラットな乗り味を実現したフィーリングは、“日本車の常識を超えた絶品”である。

 流行のSUVではなく、むしろそこから外れたステーションワゴンに、ここまで気合いの入った開発を行ったことがレヴォーグの価値であり個性。クルマ好きの立場からいうと、「これでMTを設定してくれれば最高」だ。新型レヴォーグの走りは一級品。ドライバーを魅了するグランドツーリングカーが誕生した。

(CAR and DRIVER編集部 報告/河村康彦 写真/SUBARU)

CAR and Driverロゴ