大学受験に向けて、志望する学部・学科をどう選ぶべきか、迷っている高校生も多いだろう。親御さんの勧めもあるかもしれない。学部・学科選びの考え方について、刊行から23年目を迎えるロングセラー『大学図鑑!』が独断と偏見でお答えしよう。

ニーズで決めてもいいけれど…

人気の学部や学科は時代によって移ろうものだ。

たとえば、少し前までは法学部の人気が高かったが、弁護士の人余りが知られると急にダウン、逆に人がまだ足りない医師をめざせと、やたらに医学部人気が高まっている。

大学での学びを職業と直結して考えること自体は、間違ってはいない。が、社会に出てからの有利不利ばかりを気にするのも、大学の選び方としてちょっと歪んでいる

大学は、高校時代までよりもはるかに「好きなことを思う存分できる」場であり期間なのだ。好きこそ物の上手なれで、とくに好きでもない分野にニーズがありそうだからと入っていったところで、自分の持てる力はそんなに伸びない。

志望する学部・学科選びに迷っている人は… (Photo: Adobe Stock)

だから、やりたいことがあるのなら、やりたいことができるところへ行け。それが、学部・学科選びの基本である。

そう言われて、パッと「自分は〇〇をやりたい!」と思い浮かぶ人は、ためらわずにチャレンジしよう。やりたいことが自覚できるというのは、それだけで能力だ。大学でその能力を伸ばさない手はないのである。

興味がわいてこない場合どう考えればいいか?

けれども、やりたいことがとくにない、という人のほうが実は多いかもしれない。大学という教育機関が扱うメニューの中に心引かれるものが見つからない人もたくさんいるだろう。

そうした場合は、無理やりやりたいこと探しをしなくていい。大学の勉強以外の何かに興味を引かれるのなら、それはそれで構わないし、やりたくないことしかわからないのなら、消去法で学部・学科を選んでいけばいいのだ。

消去法で選んだにすぎない学部・学科でも、そこで多少なりとも触れた学問は先の人生でいつか活きる。科学的思考や複眼的なモノの見方など、何をするにも応用できる能力を、学問を通して身につけることは可能なのだ。

ピンと来るものがゼロの場合は、いろいろな学問を扱う総合〇〇学部や人間〇〇学部など、学際的な学部・学科でうろうろしてみるのも、ありだろう。

まとめ
興味・関心を優先せよ。興味なしは消去法で選べ