長引くコロナ禍の巣ごもり生活の余波で、身体の痛みやコリで悩んでいる方が多いと思います。
そうした人に共通しているのは「手が短くなっている」ことなのです。長時間同じ姿勢を続けていると、筋肉を酷使し続けることになります。
手を伸ばすことにことによって、緊張して縮んだままになっている筋肉が伸び、結構が良くなり、コリや痛みがなくなります。「スマホ肘」「スマホ巻き肩」「ゴリラ腕」という言葉を最近よく耳にすることがあると思います。これも手が短くなっていることが原因になっていると、と語るのは、アスリートゴリラ鍼灸接骨院の院長をしている高林孝光さん。
「まったく知られていませんが、実は慢性的な肩こりや腰痛などのからだの不調の原因は、手が縮こまって、短くなっていることにあります。
現代人の多くは、手が短くなっています。その短くなった手をすっきり伸ばさない限りからだの不調はなくならないのです」と訴えます。
高林さんは、日々多くの患者さんの施術をするなかで、知らない間に手が短くなっている人がほとんどだと気がつきました。
そして手を伸ばす治療法を確立。多くの患者さんだけでなく、種目柄、手の障害が多いバレーボールのジュニアオリンピック東京代表トレーナーに抜擢されたり、車椅子ソフトボール日本代表のチーフトレーナーを任された経験も。
ダイエット、自律神経失調症など心と体の悩みの相談件数は5万件を超えています。
本連載では、高林さんの新著『1日7秒手を伸ばしなさい』に紹介されている方法を特別に抜粋し、ご紹介していきます。今回は、「巣ごもり便秘」には、手を伸ばす体操が効果的であることを高林さんに聞きます。
(構成・編集部 モデル・梅本美優〔オスカープロモーション]撮影・榊智朗)

Photo: Adobe Stock

薬に頼る前に、手を伸ばして大腸を刺激しよう

──テレワークや自宅での生活が続いて、「巣ごもり便秘」が増えていると聞くのですが、高林さんは実感されていますか?

高林 患者さんで「便秘」で困っていると最近、よく質問されるようになりましたので実感しています。

――「便秘」といっても、その実態は多様、と本の中で高林さんは書かれてますが、その中で手を伸ばして対処できるのは「機能性便秘」です、と書かれています。「機能性便秘」について、教えてもらってもいいですか?

高林 簡単に説明すると、「機能性便秘」とは腸がしっかり働けなくて、ウンチが腸に溜まってしまう便秘のことです。

――このタイプの「便秘」に、なぜ手を伸ばす体操が効果的なのですか?

高林 実は、手が短くなると姿勢が崩れていき猫背になるんです。

 猫背になると上半身がお腹の方に曲がって腸を圧迫して便秘になりやすくなってしまうので、「ぐるぐる腕回し」で手を伸ばすと姿勢が良くなり、腸を圧迫しなくなるので効果があります。

――なるほど。では次ページから「便秘に効く手を伸ばす体操」をご紹介していきたいと思います。