人間関係の悩みやストレス、不安を抱えている人は多い。「緊張で心臓のドキドキが止まらない」「失敗したらどうしようと不安になる」「本番に弱い自分が嫌いだ」、そんな自分を変える元刑事のメンタル強化術『刑事(デカ)メンタル 絶体絶命のピンチでちびってしまう人でも動じないハートが手に入る!』を紹介。刑事生活20年。ガサ入れ、犯人確保、張り込み……修羅場という修羅場を潜り抜けてきた元警部による「心を強く保つ習慣」です。常に死と隣り合わせの環境下で巨悪と戦い、人を疑い、時には一般人に罵倒されながらも正常な心持ちで戦うために開発してきた、圧倒的自信と活力が楽しく備わる最強メンタルメソッドを手に入れてください。

Photo: Adobe Stock

愚痴を言いたくなったら言葉を変換してみる

 刑事の世界では「捜査は無駄の積み重ね」とよくいわれる。

 犯行現場の近辺で聞き込みを何千件しても、車両検問を何百台しても犯人に結びつく情報が一件もないことがある。

 雨風の中、炎天下の中、あるいは極寒の中、厳しい現場での捜査は毎日続く。やはり、Mっ気があるのかもしれないな。刑事の性(さが)か……。

 しかし、刑事も人間だ。愚痴をこぼしたくなることもある。

「目撃者はいないのではないか」
「犯人につながる証拠は見つからないのではないか」

 しかし、見る角度を変えてみると、これらの無駄とも思える捜査が実は犯人に近づいていることに気付く。愚痴を言いたくなったら言葉を変換してみるのだ。

「目撃者がたまたまいないだけだ。時間帯を変えたら目撃者は必ずいるはずだ」
「見方、調べ方が悪いから証拠が見つからないだけだ」

 やらなきゃ前へは進めない。愚痴は成果の出ない不安や悩みの感情の表れにすぎない。愚痴が出るのは行動している証拠だ! ポジティブな言葉に変換していけば、必ずいい結果に近づいていく。

 愚痴をこぼして事件解決を取りこぼしては何も始まらない。無駄と思われる地道な捜査でオレは数々の事件を解決してきた。無駄という語は、「馬に積んだ荷物がない状態だと金にならない」からきている。お金のためにやっているわけでないので、無駄という言葉は、オレらにとってはゲン担ぎのようなものだ。無駄も愚痴も行動あってこそ。そこに気づいただけでも価値があるのではないか。

関連記事:1日10秒でメンタルを強くする3つの習慣