1行書くだけ日記とは?
頭の中で考えても何も生まれなかったとしても、「1行日記」として言語化することで見えてくるものがある(写真はイメージです) Photo:PIXTA

レビュー

 入社した時は「同期のよきライバル」だったはずなのに、いつの間にか抜きんでている人がいる。これまで積んできたキャリアにも経験にも遜色がないはずなのに、どこで差がついたのか――本書『1行書くだけ日記』を読むと、そんな「いつの間にか成長している人」の秘密がわかるかもしれない。

 著者の伊藤羊一氏によると、成長できる人は、普段の何気ない会話や日常の経験からでも気づきを得て、学ぶことができるという。一方、「自分の平凡な毎日に学ぶことはない」と思い込んでいる人は、なかなか成長しない。

『1行書くだけ日記』書影
『1行書くだけ日記』 伊藤羊一著 SBクリエイティブ刊 1540円(税込)

 何気なく過ごしている日常から気づきを得る方法として、著者は「1行日記」をすすめる。頭の中で考えても何も生まれなかったとしても、「1行日記」として言語化することで見えてくるものがあるのだ。

 実際、日記を習慣にしている人でもなければ、その日の出来事を思い返すことはないだろう。日記を習慣にしている人でも、1週間後、半年後、1年後に読み返して、あれこれ考えることもそう多くないはずだ。だが著者によると、今日、何も見えてこなくても、時間を経たり、グルーピングしたりすることで、いろいろな気づきを得ることは多いという。もしかしたら、日常にこそ気づきは多いのかもしれない。