岩田松雄「ミッションを戦略へ」(3)
写真はイメージです Photo:PIXTA

スターバックスやザ・ボディショップなどでCEOを務めた岩田松雄氏。岩田氏は、人と人のつながりが希薄になるコロナ禍の今、企業にますます重要視されているのが「ミッション」であると説く。なぜ企業は成長が必要か?スターバックスのいくつかの店舗が赤字でもよいと判断した理由は?「CSR」という言葉が嫌いな理由は?多くの有名企業で実績を残してきた岩田松雄流の経営哲学を伝授する。(リーダーシップコンサルティング代表 岩田松雄)

なぜ企業は
「成長」が必要か?

 前回、「ミッション」が企業経営にとって極めて重要なものであることを述べました。ミッションの実現を目指し、利益を出しながら事業を継続させる――。そしてもう一つ、経営者にとって必要なことがあります。

 それは、「企業を成長させる」ことです。「売り上げを拡大させること」といってもいいかもしれません。

 そもそも、なぜ企業は「成長」が必要なのでしょうか?

 会社がうまく回っているのであれば、世の中の役に立っているのであれば、売り上げは同じ規模をキープし続ければいいのではないか?無理をして売り上げ拡大をはからなくてもいいのではないか?そういった声が聞こえてきそうです。しかし、企業が成長しなくてはならない明快な理由があります。