長引くコロナ渦中。引きこもりがちな毎日に、ストレスを感じている人も多いのではないだろうか。
寝ても疲れが取れない、ちょっとしたことですぐ不安になる、自分だけが取り残されているように感じる……という人にぜひ読んでほしいのが、2021年4月14日に刊行する『大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした』(クルベウ著 藤田麗子訳)だ。
原著は韓国で2020年7月に発売。発売後5ヵ月で6万部を突破し、韓国の大手書店でもベストセラーランキング入り。「つらいときにひとりで読みたい」「低くなった自尊心を満たしたいときはこの本が役立つ」「誰が読んでも共感できる内容」と絶賛の声が数多く寄せられている。
著者のクルベウ氏は事業に失敗し、自分を励ますためにSNSに投稿していた癒しの言葉が多くの共感を集め、2015年に作家デビュー。処女作『心配しないで』はBTSのファン感謝イベントでJ-HOPEから「メンバーのJINにおすすめしたい本」として紹介され、ファンの間で「BTSおすすめの作家」として話題に。クルベウ氏は韓国では著書累計55万部を突破するなど、「韓国のSNS作家として一番人気」との呼び声も高い。
そんな人気作家のベストセラーエッセイの邦訳が2021年4月14日に刊行となった。
「自分らしく、豊かに生きるためのメソッド」が詰まった本書。今回は、日本版から「『私は要領が悪い』と悩んでいる人へ」から一部抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

実力を上げるのは、ささいなことまで重視する人

10年間、公務員試験予備校を運営していた講師が言った。

勉強するとき、
ささいなことまで1つずつすべて確認して、
理解できるまで決して先に進まない人がいます。

そういう人は勉強のスピードは遅いし、
手を抜いて適当にやっている人に比べると、
一見要領が悪く見えますが、
結果的には、はるかに高い成果を上げます。
ほんの少しずつでも実力を上げていくのは、
ささいなことまで重視する人なのです。