長引くコロナ渦中。引きこもりがちな毎日に、ストレスを感じている人も多いのではないだろうか。
寝ても疲れが取れない、ちょっとしたことですぐ不安になる、自分だけが取り残されているように感じる……という人にぜひ読んでほしいのが、2021年4月14日に刊行する『大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした』(クルベウ著 藤田麗子訳)だ。
原著は韓国で2020年7月に発売。発売後5ヵ月で6万部を突破し、韓国の大手書店でもベストセラーランキング入り。「つらいときにひとりで読みたい」「低くなった自尊心を満たしたいときはこの本が役立つ」「誰が読んでも共感できる内容」と絶賛の声が数多く寄せられている。
著者のクルベウ氏は事業に失敗し、自分を励ますためにSNSに投稿していた癒しの言葉が多くの共感を集め、2015年に作家デビュー。処女作『心配しないで』はBTSのファン感謝イベントでJ-HOPEから「メンバーのJINにおすすめしたい本」として紹介され、ファンの間で「BTSおすすめの作家」として話題に。クルベウ氏は韓国では著書累計55万部を突破するなど、「韓国のSNS作家として一番人気」との呼び声も高い。
そんな人気作家のベストセラーエッセイの邦訳が2021年4月14日に刊行となる。
「自分らしく、豊かに生きるためのメソッド」が詰まった本書。今回は、日本版から「やる気がどうしても出ないとき」について、一部抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

やる気がどうしても出ないとき

やる気を失った娘に、母が言った。

人生は長いから、今日1日ぐらい無気力でも大丈夫よ。
明日も明後日もやる気が出ないように思えても、
絶対そんなことはないから。

未来はあなたの予測しているものとは大きくちがっていて
いろいろなことが繰り広げられるの。
今、何もする気が起こらない理由は
未来も今と同じ状況だろうと考えているからよ。
今のつまらない人生が
これからも同じように続いていく気がするせいなの。

今あなたがつらいのは、
やる気が起こらないからじゃなくて、
この先も変わらないように思えるからよね。

未来が今と変わらないなんてことはないわ。
まったく同じ日はないの。
だから今日は無気力でも大丈夫。

毎日を生きる中で無気力になったのだとしたら、
それはたぶんあなたが持てる力のすべてを使ったということよ。

たとえば何かに必死で挑戦したのにうまくいかなかったり、
努力しても恋が実らなかったり、
一生懸命悩んでも解決しなかったり。
そんなふうにありったけの力を使ったあとは
新しい力を出すための時間が必要だから、
立ち止まって考えることができるように無気力さがやってくるの。

今やる気が出ないからと言って、
自分はダメな人間なんだと思わないで。
あなたはこれから素敵な人になる日のための準備をしているの。