長引くコロナ渦中。引きこもりがちな毎日に、ストレスを感じている人も多いのではないだろうか。
寝ても疲れが取れない、ちょっとしたことですぐ不安になる、自分だけが取り残されているように感じる……という人にぜひ読んでほしいのが、2021年4月14日に発売後、即重版が決定した『大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした』(クルベウ著 藤田麗子訳)だ。
原著は韓国で2020年7月に発売。発売後5ヵ月で6万部を突破し、韓国の大手書店でもベストセラーランキング入り。「つらいときにひとりで読みたい」「低くなった自尊心を満たしたいときはこの本が役立つ」「誰が読んでも共感できる内容」と絶賛の声が数多く寄せられている。
著者のクルベウ氏は事業に失敗し、自分を励ますためにSNSに投稿していた癒しの言葉が多くの共感を集め、2015年に作家デビュー。処女作『心配しないで』はBTSのファン感謝イベントでJ-HOPEから「メンバーのJINにおすすめしたい本」として紹介され、ファンの間で「BTSおすすめの作家」として話題に。クルベウ氏は韓国では著書累計55万部を突破するなど、「韓国のSNS作家として一番人気」との呼び声も高い。
そんな人気作家のベストセラーエッセイの邦訳が2021年4月14日に刊行。
「自分らしく、豊かに生きるためのメソッド」が詰まった本書。今回は、日本版から私は人付き合いに問題があるかもしれない」から、一部抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

「私は人付き合いに問題があるのでは?」

人間関係が何度もよくない形で終わると
誰でも自分を疑うようになる。

「私は人との付き合い方に
大きな問題があるのではないだろうか?」

すると、気持ちが落ち込んで
ますます人付き合いが怖くなり、難しくなっていく。

こういう状態に陥るのは、あなただけではない。
他人と関わる人なら誰もが経験する悩みだ。

周囲の人々が“私”を必要としていないような気がするときや
新しく築くことになった人間関係が
なかなかうまくいかないとき、そんな考えが思い浮かぶ。

しかし、時が過ぎ去ってみれば、
遠くであれ近くであれ
誰かがそばに残っている。

あなたもそうだと思う。
人間関係で心が弱くなったときは、
2種類の事実を覚えておけばいい。

心に合わせて行動しよう

1つ目。あなたは人間関係に難しさを感じて、
ひとりでいるほうが気楽だと考える人かもしれない。
反対に、人と付き合うのは気楽で楽しいという
社交的な人かもしれない。
いずれにしても自分がどういう性格なのかを
知ることが重要だ。

必ずこんな姿になるべきだというものはない。

社交的な人もいれば、非社交的な人もいる。
ただの性格のちがいだ。

冷たい水が好きな人もいれば、
温かいお湯が好きな人もいるように、
冷たい水が好きだから正しくて、
温かいお湯が好きだから間違っているなんてことはない。

それぞれの性格がちがうだけ。

自分がどんな性格なのかを知って
心に合わせて行動して生きていくことが重要だ。