ひろゆきに「なぜか人生がうまくいく人の法則」について聞いてみたひろゆき氏(撮影:榊智朗)

テレビやYouTubeで圧倒的な人気を集める、ひろゆき氏。
16万部を突破したベストセラー1%の努力』では、その考え方について深く掘り下げ、いかに彼が今の立ち位置を築き上げてきたのかを明らかに語った。
この記事では、さらにひろゆき氏に気になる質問をぶつけてみた。

「うまくいく人」の法則とは?

――ずっとインターネットの世界にいると、突然、成功するような人がいると思うんですが、何か法則ってありますかね?

ひろゆき氏:「何やってるんだろう、この人?」っていうパターンがほとんどですよね。

 初期のYouTuberだってそうですが、何か新しいことを始める人って、最初は「何やってるんだろう、この人?」って、みんなの目には映りますよ。

 そこで大事なのは、他人の目を気にしたりすることじゃなくて、YouTubeとかニコニコ動画とかのサービスそのものが勝手に有名になっていくことです。

――努力とかじゃないんですね。

ひろゆき氏:たまたまそこにいたから一緒に伸びるっていうのが正解ですよね。たまたま風が吹いてるみたいな。

 ネットのサービスなんてほとんどタダで登録できるんですから、いろんなものに手を出しとけばいいんですよね。Twitterだって、最初にガンガンやってた人は、それだけで今はすごいフォロワー数とかになってますからね。書いてる内容はあんまり重要じゃない。

――勝手にいろんなところで発信してればいいんですかね?

ひろゆき氏:そうですね。ヘタに成果とか求めず、勝手に文章を書いたり、絵を描いたり、サイトを作ったり、どんどんやってればいいんですよ。

 すぐ「お金になること」さえ諦めれば、いつか発見されますから。されないかもしれませんが(笑)。

――何かコツとかポイントがあると助かるんですけどね。

ひろゆき氏:たまに雑誌とか読むと驚くんですが、いまだに怪しい広告とか商品ってあるじゃないですか。この水晶があれば金運が上がります、みたいな。

 そういうのって、99.99%くらいの人は怪しいと思っているんですが、万に一の確率で、つい買っちゃう人がいるんですよね。だから、もっと自分が面白いと思うものとかに自信持っていいと思いますよ。

 あと、あえて有名人に噛みついたりして注目を浴びるような人もいるじゃないですか。言っちゃいけないことを言ったりとか。その程度なら目立つ発言してもいいんじゃないですかね。

 世界を見渡せば、「え、こんな人が当選するの?」という政治家もわんさかいますから。