株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />若くして億単位の資産を築けるのが<br />不動産投資の最大の魅力Photo: Adobe Stock

目的が決まったら
具体的な手段を決めよう

 不動産投資の目的が定まったら、それを果たすための具体的な手段を決めましょう。

 目的とは成し遂げようとする「最終到達点」、それを達成するための「具体的手段」を考えるのです。

 不動産投資では、会社員であれば属性(勤務先や年収・貯蓄)を活かして、少ない自己資金で最大年収の10倍程度の融資を受けることができます。

 借入金の返済は、事前に安全運転で家賃収入から返していける戦略を立てます。

 当初の私のように、まだ20代の女性でも、不動産を取得して社会的信用を高めていけば、レバレッジを効かせて物件を買い増して、資産を増やしていくことができます。

 レバレッジ効果で不動産投資を加速することができれば、若くして億単位の資産を築くことも可能なのが、不動産投資の最大の魅力です

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />若くして億単位の資産を築けるのが<br />不動産投資の最大の魅力

 私は地元の活性化を目的に掲げましたが、さらに具体的にいうと次の2つの目的があります。

 1つ目は、地元の愛知県でリゾートホテルを開業するなどして、地域活性の支援をすることです。両親や友人たちがずっと住んでいく地域なのですから、便利で賑やかになってほしい。

 仕事が減って苦しんでいる同級生の姿も見てきたので、ホテル事業で雇用も創出したいのです。

 2つ目は、シングルマザーのためのシェアハウス経営や恵まれない子どもたちの支援など、慈善事業をすることです。これまでさまざまなセミナーに参加したり、自分でセミナーを開いたりして痛感したのは、お金に困っている人が多いこと。

 なかでも、シングルマザーの貧困問題は深刻です。

 その解決のためにシェアハウスをつくって、そこに住む母親と子どもたちにお金の教育をすることによって、経済的に少しでも豊かになる生き方を学んでほしいと思っています。

 この2つの目的を達成するために必要な資金を考えると、ざっと100億円。

 これは不動産投資によって資産を順調に増やしていければ、手が届かない金額ではないと私は思っています。

 資産100億円を築いたら財団を設立して、地元を活性化することができるはず。そう思って不動産投資を拡大しているのです。

 ゴールから逆算してやるべきことを考えていけば、方向性を見失うこともなく、成功の確率も高まっていくはずです。