株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />不動産投資で押さえておきたい3つのポイントとは?Photo: Adobe Stock

不動産投資で
地元活性化の資金を稼ぐ

 不動産投資をはじめるには、押さえておきたい3つのポイントがあります。

① 不動産投資で失敗しないために、最低限知っておかなければならない知識
② 不動産会社や金融機関を味方につけて、優良物件を有利に買うための努力

③ 不動産投資によって叶えたい将来の目的

 ①と②については、これから本書で詳しく説明していきますが、まずは③に関して、なぜ私が不動産投資をはじめたのかについてお話しします。

 もともと私は、祖父が創業して父が継いだ小さな会社の3代目になろうと思っていました。

 ところが、父は自分の夢を諦めて2代目になった経緯があったため、私には同じ思いをさせたくなかったようです。

「会社は継がせたくない。おまえは、おまえの道を行け」と父にいわれていたのですが、その言葉とは裏腹に「自分の代で家業を潰しちゃいけない」と思った私は、3代目になる気満々でした。

「会社を経営するなら、まずはお金の勉強だ」と思って大学卒業後、証券会社に入ることにしたのです。

 ところが父の決意は、何度話しあっても揺るぎませんでした。

 そんな矢先のこと。家族でよく過ごした地元の老舗ホテルが宿泊客不足で経営危機に陥り、経営破綻したことを耳にしたのです。

 その老舗ホテルは勤務先(野村證券)のお得意様だったため、経営破綻して売りに出された情報が事前に舞い込んだときは、大切な思い出がなくなってしまう寂しさで胸が詰まる思いがしました。

 ホテルの売り出し価格は2億円。

「思い出のホテルを私が買収して再生させたい」と思ったのですが、もちろん入社2年目の私には手が出ません。

 このホテルの一件をきっかけに地元の状況をみてみると、土地の美味しい名産品や観光スポットが広く知られないまま、どんどん過疎化が進んでいました。

 そんな現状を目の当たりにして、私はこう思ったのです。

「私が地元を活性化するためにできることはないだろうか?」

「そうだ、市長になって政治の力でなんとかするか、証券ウーマンとしての得意分野を活かして財力を持つしかない!」と考えました。

 しかし、知名度も後援会も資金もない20代の小娘が、いきなり市長になれるはずもありません。

 かといって投資をするにしても、証券会社の社員は、株式の売買に厳しい制約があります。買う前にいちいち審査を通さなければなりませんし、短期売買もできません。

 そんなこんなで、あれこれ思案した挙げ句、「働きながら着実に資産を増やして、地元を活性化する資金を稼ぐには不動産投資しかない」と考えるに至ったのです。