「浮いた時間」の活用と自己管理が
ビジネスパーソンの個人差を広げる

 コロナは、多くの変化を促進する効果を持った。「働き方」にも、テレワークの普及や社内外の飲み会的な人付き合いの時間の減少、副業解禁の促進など、いくつもの影響を与えている。

 緊急事態宣言がまたも延長される事態となって、働き方について個人が意識すべき最大のポイントは、時間の浮かせ方と「浮いた時間」の使い方だろう。

 例えばテレワークは、通勤に関する時間とストレス、エネルギーを大幅に軽減する効果を持つ。もちろん、コロナの感染リスクを縮小する効果もあるはずだ。

 一方、他人と付き合う時間の減少は、楽になったと思う人と、他人との交流が減ってストレスを感じている人に分かれそうだが、新たな時間が生じる可能性が大きな要因だ。

 いずれにせよ、自分の時間管理によって「浮いた時間」をうまくつくりたい。自戒も込めて申し上げるが、「家飲み」の酒量が増えて酩酊時間が増加し、かえって有効に使える時間が減少するような事態は避けたい。コロナ禍にあっては自己管理が大切になる。

 それでは、節約できた時間を読者は何に使うだろうか。休息に使って勤務時間の能率を上げてもいいし、例えば何らかの勉強やスキル向上のためのトレーニングに充てて、将来の生産性向上のために「時間と努力を投資する」ことが効果的かもしれない。

 また、テレワーク等で「浮いた時間」は、副業に使う事もできる。副業を通じて、セカンドキャリアをはじめとする将来の収入源を作ることができるかもしれない。ちなみに、筆者の現在の「経済評論家」の仕事は、副業が徐々に大きくなって半ば本業に成長したものだ(現在、同時に証券会社の社員でもある)。

 副業に使うか、休息によって業務時間の能率向上を目指すか、何らかの勉強やスキルのトレーニングに使うか…。使い方はさまざまだが、「浮いた時間」をどのように使うかによってビジネスパーソンの将来は大きく左右されるだろう。

 コロナがもたらす新しい働き方の変化は、「個人の成果」をより明確に可視化することと、「浮いた時間」の使い方によってビジネスパーソンの個人差を広げることの2点が大きな特徴だ。いずれの要因にあっても、自己管理の戦略と実行が鍵となる。

 コロナを機に自己管理の技術を向上させることができると、「アフターコロナ」の時代にも大いに役に立つにちがいない。