ひろゆきが「ベーシックインカムで若者を救え」と語るワケひろゆき氏(撮影:榊智朗)

現在、テレビやYouTubeで圧倒的な人気を集める、ひろゆき氏。
20万部を突破したベストセラー1%の努力』では、その考え方について深く掘り下げ、人生のターニングポイントでどのような判断をして、いかに彼が今のポジションを築き上げてきたのかを明らかに語った。
この記事では、ひろゆき氏に気になる質問をぶつけてみた。

いったん「全員」にお金を配れ

――ひろゆきさんって、ベーシックインカム賛成派ですよね?
注)ベーシックインカム:国民全員に最低限の生活費を毎月配る社会システム。金額は算出方法によって異なるが、3~10万円くらいを想定していることが多い。

ひろゆき氏:そうですね。どうしたって、社会は「食える人」と「食えない人」に分かれてしまいます。だったら、最初から全員にお金を配ってしまって、さらに稼ぎたい人は勝手にどんどん稼げばいいと思うんです。

――稼げない人のために社会設計すべきなんですか?

ひろゆき氏:それを前提にしたほうがいいですよ。今の日本政府は、医療保険とか年金とか、老後にばかりお金を使っていますよね。そうするくらいなら、国民全体にお金を配るようにして、若者にもお金が行き届くようにしたほうがいいと思うだけです。

 これからの日本は、個人の漫画家とかクリエイターとかのように、クリエイティブな方向で生き残ったほうがいい。そのためには、最低限食うためのお金があって、他のバイトとかの労働で時間を取られないことが大事だと思うので。そこに賭けたほうがいいですよ。

「ベーシックインカム」は可能なのか?

――実現できるかどうかが問題になってきますよね。

ひろゆき氏:試算してみたことがあるんですが、できそうなんですよね。毎月7万円を国民に配ろうと思うと、約90兆円あれば可能です。

 そのためには、生活保護をなくしてベーシックインカムで一本化したり、お金持ちから多く税金を取るために相続税を増やしたり、高齢者も医療費の3割負担をお願いしたり。そうやっていけば、実現可能です。

――社会にはどういうメリットがありますか?

ひろゆき氏:社会保障に使うお金が減っていきますよね。職を失った人でも失業保険がいらなくなります。ベーシックインカムの7万円で毎月暮らせるようになっておけば、いつクビになっても大丈夫です。

 あと、企業にとっては人を辞めさせやすくなります。これだけ聞くと強者の論理なんですが、企業だって優秀な人は辞めないように給料を払いたいわけです。

 そして、企業にとって必要のない人というのは、その会社では力を発揮できなかっただけであって、他に移れば戦力になる可能性がある。その可能性の芽をつぶさないためにも、解雇規制はゆるめたほうがいいと思うんですけどね。

なぜ、実現できないのか

――ここまでの話だけ聞くと、メリットしかないように聞こえますね。でも、どうして実現しないんですか?

ひろゆき氏:シンプルです。高齢者が反対するからです(笑)。

 先ほどの話では、医療費の負担とか、年金とか、高齢者にとっては不利な条件がそろわないと、90兆円の予算は出せないんですよ。

 そして、この国は高齢者のほうが圧倒的に多いし、選挙に行く。だから、若者にとって有利な政策を掲げる政治家には票は集まりません。「若者のためにお願いします」と言われても、自分の子どものためにお金を残したり教育費をかけるだけで、政策まで変えたいとは思わないはずですから。

――なかなか厳しい状態ですね…。

ひろゆき氏:だから僕は生活保護を積極的にすすめているんですよ。これが現状の若者のためのベーシックインカムですから。生活保護をもらって、家で動画を作ったり、作曲したり、イラストを描いたりする道も残すべきだと思いますよ。