魚油サプリメントの「オメガ3」が、うつ病の治療に役立つ!?Photo:PIXTA

 魚油サプリメントについては、心臓の健康に役立つ可能性を示す、さまざまな研究が行われてきている。さらに、うつ病にも魚油サプリが有効である可能性を示唆する、英キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)のAlessandra Borsini氏らの研究報告が、「Molecular Psychiatry」に6月16日掲載された。

 論文の筆頭著者であるBorsini氏は、「魚油に多く含まれているオメガ-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)が、抗うつ作用、抗炎症作用を有していることは知られているが、それらの作用がどのように発揮されるのかについては不明点が多い。われわれの研究は、その分子メカニズムに光を当てたものであり、この結果はオメガ-3PUFAを用いた抗うつ薬という、新規の治療法開発に資するものだ」と、KCLのニュースリリースで述べている。

 これまでの研究で、大うつ病の患者は炎症レベルが上昇していることが指摘されている。しかし、大うつ病患者に対する抗炎症治療の効果は実証されていない。このような状況を背景にBorsini氏らが行い今回発表した論文は、研究室内での実験による研究と、大うつ病患者に対してオメガ-3PUFAによる介入を行う臨床研究という2つのパートから成る。