米連邦公開市場委員会(FOMC)が28日発表した政策判断に関する声明は次の通り。  米連邦準備制度理事会(FRB)は、この厳しい時期にあらゆる手段を活用して米経済を支援し、雇用の最大化と物価安定という目標の促進に尽力する。  ワクチン接種の進展や大型の政策支援を背景に、経済活動と雇用に関する指標は引き続き力強さを示している。パンデミック(世界的大流行)で最も深刻な打撃を受けたセクターには改善が見られるが完全な回復には至っていない。インフレ率は主に一時的な要因により上昇している。