テーマパークで考えるキッチン整理(3)
食器/鍋/調理器具は「ゲストを立てつつ活躍するキャスト」

 繰り返し使いまわすことが可能なアイテムは、キッチンに一度置き場所を作ると、使わなくなった後もずっとそこに居座り続けます。出番のなくなったキャストが、通路にたむろしたり、いい部屋をずっと占領したりして、ゲストの邪魔になっているような状態が、キッチンでは頻繁に起こっています。

 食器、鍋、調理道具については、出し入れしやすい一等地におくのは1年以内に必ず使うモノを厳選しましょう。「チャンスがあれば使いたい」「使う見込みはないけれど処分はしたくない」レベルのモノは、収納の奥や、つり戸棚などの高いところに「逃がす」ことで全体のバランスは整うはずです。

 キャパがどうしても足りない場合
「整理し直してみたら、食材や消耗品が想像以上に多かった」「重複買いしているモノや、存在を忘れていたモノもあるから、使って減らしたら、これからはもう少し受け入れキャパを小さくしたい」と感じている場合は、スペースを少し詰めて食器や鍋、調理器具置きにしてもよいでしょう。

 大事なのは「本来、優先すべきは食材・消耗品だけれど、今ここにおいてどうする?」というブレない判断基準があることです。

 この連休はぜひ、キッチンの使い勝手を見直してみてくださいね。

 (家族の片づけコンサルタント sea(しー))