古来、龍神の力を借りた多くの先人たちが願望を成就させ、成功を手にしてきました。
数々の武将をはじめ、現代に至っては経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏、出光興産創業者の出光佐三氏、長期政権を誇った昭和の首相・佐藤栄作氏など、龍神を祀る神社を信仰していた政財界人を挙げればきりがありません。
だが、数ある神の中で、なぜ龍神だったのか。その理由は、龍神の持つ神としての特性にあります。
幼少期より龍をはじめとする見えない世界の存在たちの声を聞くことができ、延べ1万社以上の神社を参拝してきたスペシャリストが、龍神の力を借りて運を上げ、どんな望みも実現する方法を紹介した『龍神とつながる強運人生』より一部を抜粋、再構成して紹介します。

【強運な人は知っている】運のいい人が実は自然と意識している小さな習慣Photo: Adobe Stock

強運な人が常日頃から意識していること

【強運な人は知っている】運のいい人が実は自然と意識している小さな習慣大杉日香理(おおすぎ・ひかり)
著書累計発行部数30万部を超えるベストセラー作家
事業開始10年間で参拝した神社は、延べ1万社。経営者に向けて、歴史を基盤とした教養セミナーとして神社の捉え方を切り口とした神旅®(かみたび)をマンツーマンで行なっている。政治家に向けても、選挙事務所の神棚の設え方セミナーを衆議院会館にて開催。行政向けの講演活動、作家としても活動しながら、神社を入り口とした地域おこしにも力を入れ、神田明神との共同事業も開催している。

強運になるとは、つまるところ、人や社会を巻き込んで味方につけ、お互いに助け合える力をもつことです。自分が人を助け、また助けてもらう。そのサイクルが大きくなれば、自然に強運な人生になっていきます。

では、人を助け、また自分自身も助けてもらうために、何を意識していけばいいでしょう。

それは「誰かの光」になることです。

こういうと宗教的な言い方に聞こえるかもしれませんが、観念論ではなく、とても現実的な話です。

実際、私たちはすでに「誰かの光」になっています。

まず、毎日の仕事や家事で誰かの役に立っていますね。同時に、あなたの発する言葉や笑顔、ちょっとした親切も、人を助けたり幸せにしたりしています。

それらはすべて、他者にとっての「光」です。

その光が大きければ、大勢の人にいい影響を与えられます。信頼される人になり、周囲を巻き込み、ひいては社会を巻き込めます。その規模が大きければ大きいほど、強運になるのです。

といっても、大げさな取り組みは不要です。今すぐやれることの積み重ねが、結局は大きな変化を生むのですから。

今すぐ始められることを、二つご紹介しましょう。

一日一回でいいので、接した人すべてによい影響を与えられるよう意識して過ごしてみましょう。

たとえば、駅の売店やコンビニ、カフェなどで、店員さんに「ありがとう」と笑顔でいう。

知り合いとすれ違った時に、「こんにちは」と気持ちよく挨拶する。

「そのくらい、もうやっている」と思うかもしれません。でも、自分が相手の光となっているのだと実感しながら、心を込めて同じことをしてみてください。